【日本語吹き替え】リュミエール 無料 動画



日本語吹き替えの【映画】リュミエールの動画フルが無料視聴できました!

リュミエール

リュミエールを見るなら、日本語吹き替えで見たいなと思い、huluやyoutube、デイリーモーションと探してみたものも見つからない。

諦めようかと思ったその時、友達が教えてくれたのがこれ!

U-NEXTの無料お試しキャンペーン!

huluなどの他の動画サービスもありますが、リュミエールが配信されていて、完全無料で見れるのは、U-NEXTだけでした!

 U-NEXT公式サイトはこちら!

U-NEXTの登録はめんどくさい?

実際に登録してみましたが、公式サイトから3分もかからずにできました。そのまますぐにリュミエールを視聴スタートできちゃいました!

 登録の際、クレジットカードの登録が必要です!

「なぜクレジットカード?やっぱり無料じゃないのか?」
始めは私もそう疑いましたが、無料期間終了後そのままスムーズに継続できるようにhuluなどもこのような仕組みになっています。実際に1円も払わずに視聴、解約までできました

 U-NEXT公式サイトはこちら!

U-NEXTの良かった5つのポイント!

  • 簡単な登録ですぐに視聴開始できた!
  • 動画配信本数が10万本でやばい!
  • 新作もDVD発売前に配信されることがある!
  • ダウンロード機能で、通勤中も快適に見れる!
  • 2000本以上のアダルトが見放題に!

 ちょっと想像してみて下さい!
0円でリュミエールが今すぐ見れる上に10万本もの動画が見放題になる日々を!

 U-NEXT公式サイトはこちら!

リュミエールの作品データ

解説
「映画の父」と称されるリュミエール兄弟が遺した膨大な作品群からセレクトした映像で構成された、リュミエール兄弟へのオマージュ作品。1895年12月28日パリ。ルイ&オーギュスト・リュミエールの兄弟が発明した撮影と映写の機能を持つ「シネマトグラフ」で撮影された映画「工場の出口」など10本の作品が世界初となる有料映画上映会で上映された。1本の長さが約50秒という短い時間ながら、それぞれの作品で取り入れられた演出、移動撮影、トリック撮影といった撮影テクニックは、現在の映画の原点とも言われている。カンヌ国際映画祭総代表で、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモーが、リュミエール兄弟が1895年から1905年の10年間に製作した1422本の短編作品から108本の作品を厳選し再構成。4Kデジタルによる修復を施し、90分の作品として完成させた。日本語吹替版ナレーションを落語家の立川志らくが担当。

スタッフ
監督
ティエリー・フレモー
製作
ティエリー・フレモー
ベルトラン・タベルニエ
脚本
ティエリー・フレモー
編集
ティエリー・フレモー

キャスト
作品データ
原題 Lumiere!
製作年 2016年
製作国 フランス
配給 ギャガ
上映時間 90分

 U-NEXT公式サイトはこちら!

※本ページの情報は2018年5月7日時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。

★CMでもお馴染huluもオススメ★



↓ちなみにこのサイトも2週間無料視聴やってます!

【hulu公式サイトで無料視聴スタート!】
2018年5月18日 コメントは受け付けていません。 洋画