【日本語吹き替え】ナッティ・プロフェッサー 無料 動画



日本語吹き替えの【映画】ナッティ・プロフェッサーの動画フルが無料視聴できました!

ナッティ・プロフェッサー

ナッティ・プロフェッサーを見るなら、日本語吹き替えで見たいなと思い、huluやyoutube、デイリーモーションと探してみたものも見つからない。

諦めようかと思ったその時、友達が教えてくれたのがこれ!

U-NEXTの無料お試しキャンペーン!

huluなどの他の動画サービスもありますが、ナッティ・プロフェッサーが配信されていて、完全無料で見れるのは、U-NEXTだけでした!

 U-NEXT公式サイトはこちら!

U-NEXTの登録はめんどくさい?

実際に登録してみましたが、公式サイトから3分もかからずにできました。そのまますぐにナッティ・プロフェッサーを視聴スタートできちゃいました!

 登録の際、クレジットカードの登録が必要です!

「なぜクレジットカード?やっぱり無料じゃないのか?」
始めは私もそう疑いましたが、無料期間終了後そのままスムーズに継続できるようにhuluなどもこのような仕組みになっています。実際に1円も払わずに視聴、解約までできました

 U-NEXT公式サイトはこちら!

U-NEXTの良かった5つのポイント!

  • 簡単な登録ですぐに視聴開始できた!
  • 動画配信本数が10万本でやばい!
  • 新作もDVD発売前に配信されることがある!
  • ダウンロード機能で、通勤中も快適に見れる!
  • 2000本以上のアダルトが見放題に!

 ちょっと想像してみて下さい!
0円でナッティ・プロフェッサーが今すぐ見れる上に10万本もの動画が見放題になる日々を!

 U-NEXT公式サイトはこちら!

ナッティ・プロフェッサーの作品データ

新開発の薬品の効果で、超肥満体からスリムに変身した大学教授が巻き起こす騒動を描いたコメディ。

往年のコメディアン、ジェリー・ルイスの傑作喜劇「底抜け大学教授」を、「ヴァンパイア・イン・ブルックリン」のエディ・マーフィ主演(一人七役)でリメイク。

監督は「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック。脚本はシャドヤック、「ジム・キャリーのエースにおまかせ!」の監督でもあるスティーヴ・オーデカーク、「星の王子ニューヨークへ行く」「ブーメラン」のデイヴィッド・シェフィールドとバリー・W・ブラウステインの共同。

製作は「アポロ13」のブライアン・グレイザーと、ラップ・ミュージック界の巨匠で『クラッシュ・グルーブ』(V)などの映画も手掛けるラッセル・シモンズ。

エグゼクティヴ・プロデューサーは、ジェリー・ルイス、カレン・ケーラ、マーク・リプスキー。

撮影は「エース・ベンチュラ」のジュリオ・マカット、音楽は「ボーイズ・オン・ザ・サイド」のデイヴィッド・ニューマン、美術はウィリアム・エリオット、編集は「幸福の条件」のドン・ジンマーマン、衣裳は「マスク」のハー・グエン、視覚効果監修はジョン・ファーハット、特殊メイクは「バットマン・フォーエヴァー」のリック・ベイカーが担当。

共演は「ポケットいっぱいの涙」のジェイダ・ピンケット、「イレイザー」のジェームズ・コバーンほか。

原題 The Nutty Professor
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 UIP

ナッティ・プロフェッサーのあらすじ(ネタバレなし)

ウェルマン大学の生物学科教授クランプ(エディ・マーフィ)は温厚で紳士的だが、気弱で痛々しいほどの内気な性格。おまけに身長180cmで180kg という超巨漢のため動くのもやっとで、日々、学部長のリッチモンド(ラリー・ミラー)を悩ますドジを繰り返している。

エクササイズ・インストラクターのランス・パーキンスの番組を観てのダイエットも効果なし。そんな彼の前に、化学の入門講座を担当する美人のカーラ(ジェイ…

ナッティ・プロフェッサーのキャスト

エディ・マーフィSherman Klump/Buddy Love/Lance Perkins/Papa Klump/Mama Klump/Grandma Klump/Ernie Klump(七役)
ジェイダ・ピンケット・スミスCarla Purty
ジェームズ・コバーンHarlan Hartley
ラリー・ミラーDean Richmond
デイブ・チャペルReggie Warrington

ナッティ・プロフェッサーのスタッフ

監督
トム・シャドヤック
脚本
デビッド・シェフィールド
バリー・W・ブラウスタイン
トム・シャドヤック
スティーブ・オーデカーク

 U-NEXT公式サイトはこちら!

★CMでもお馴染huluもオススメ★



↓ちなみにこのサイトも2週間無料視聴やってます!

【hulu公式サイトで無料視聴スタート!】
2016年5月31日 コメントは受け付けていません。 洋画